妊娠線はなんで出来るの?

妊娠の為できる妊娠線を以前は、自然なものとあきらめていたのです。
でも最近は、妊娠線ができにくいようにと、予防する方が増えているのです。

 

妊娠中にできる妊娠線の原因は2つあります。
1つは妊婦さんの体は皮下脂肪を急激に蓄えることで、
皮膚の伸びが追いつかないのです。

 

 

もう1つの原因と言えば、"ステロイドホルモン"の影響などがあげられます。
妊娠中、「コルチコステロイド」と呼ばれるホルモンの
増加で肌の弾力などを減らしてしまう恐れがあります。

 

このホルモンでターンオーバーが抑制され、
コラーゲンの生成が抑えられてしまうのです。

 

 

その為皮膚がひび割れ、
妊娠線となり残ってしまうのです。

 

 

その予防の為には皮膚に充分な弾力や
潤いがあるとひび割れにくくなり、
妊娠線もできにくくなるのです。

 

産後まできれいな体を保つ秘訣である、
予防対策は大切なものです。

 

 

妊娠線に良いとされる成分って?

一般的な保湿クリームなどでもある程度の効果はあるのですが、
妊婦さんの体やお肌をじっくりと研究しているクリームもあります。
(当サイトでは"ノコア"というクリームを推奨しています)

 

実際、妊婦さんにそのような類のクリームを使ってもらった結果、
潤いがキープされた事が実証されたのです。

 

 

潤いのための成分として、スーパーヒアルロン酸などを含んでいたり、
肌の乾燥を防ぎおなかの皮膚の弾力アップとなるのです。

 

 

その他ダブルコラーゲンで肌内部まで浸透し、
肌表面も潤すコラーゲンを配合しているものも多いです。

 

 

そしてダブルセラミドは、角質細胞同士をセメントの様につないでいる為
、肌の潤いが流れ出る事を防ぎます。

 

 

また、外的な刺激からも守るのです。

 

妊娠線を防ぐには、うるおいの他に、皮膚の弾力をアップする事も大切なのです。

 

 

肌トラブルにまけない肌にと、
肌荒れや乾燥から肌を守るアルガンオイルや、
古くからヨーロッパで妊娠線対策に使われている
植物エキスの天然ハーブエキス(ツボクサ)も入っているようなクリームを選びましょう。

 

 

特に妊娠線は、出産1週間前頃に出来やすい傾向があり、
最後クリームなどでケアを怠らない事は大切なのです。

 

 

>>ノコアの最安値購入TOPへ戻る